実際にやってみて分かった医療脱毛の効果

私は昔から毛深いことが大きなコンプレックスになっていて、小学生の頃から水着になることはもちろん半袖の服を着ることすら嫌でした。夏でも長袖を着ていたので、クラスメイトや周囲の人からからかわれたこともあります。大人になってからもこの悩みが続いていたので、コンプレックスを解消するために永久脱毛をすることに決めたのです。
自宅の近くにエステサロンがあったため、カウンセリングを受けて6回の施術を受けるコースで全身脱毛をすることにしました。しかし、施術を受けた直後はしっかりとムダ毛がなくなっていたのですが、数ヶ月経つと施術を受けたはずの箇所からムダ毛が生えてきてしまうのです。6回の施術が終わってからも、以前よりは薄くなったもののムダ毛の処理からは逃れられませんでした。
詳しく調べてみると、永久脱毛の種類には光脱毛とレーザー脱毛があり、エステサロンで行われている光脱毛は出力が弱いため脱毛できたとしても一時的なもので、効果が薄いということでした。そこで、今度は医療機関によるレーザー脱毛を受けてみたのです。レーザー脱毛は医療機関でしか行えないため医療脱毛とも呼ばれていて、レーザーを照射するので確実に毛根や毛乳頭にダメージを与えられるという説明を受けました。光脱毛で失敗していたので不安があり、今回の医療脱毛では施術回数が無制限のコースを選びました。
実際に医療脱毛の施術を受けてみると、光脱毛よりは痛みがあるものの施術から数ヶ月が経ってもムダ毛が生えてきません。特に毛量が多かった二の腕も、自分の腕ではないかのように全くの無毛状態が続いているのです。全身の施術を完了させるためには1年半ほどの期間をかけて8回の通院が必要でしたが、確実に脱毛できていることを実感できました。
結果的に回数無制限のコースを選ぶ必要がなかったほど医療脱毛は効果が高く、満足しています。遠回りをしてしまいましたが、子どもの頃からのコンプレックスを解消できました。